忍者ブログ

くろいのうとの断片のうと

「くろいのうとと白紙の少女」、くろいのうとの断片 描いたり書いたりする日々

おひさしぶりです

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

おひさしぶりです

どうもくろいのうとです
久々のブログ更新になります

こっちのブログの止まり具合から察せられるでしょうが
ゲーム製作はいまのところ止まっております。
まぁやめるわけではないのでまた作り始めるとは思います。
新作のお話やら素材やらも一応つくってはいますので。

ただいまはオリジナル創作の「ましろれぽーと」に注力してるところがあるので
ゲームがすぐにぽいっと出てくることはないかと思います。

ネタ思いつくまで放置とか、しばらく放置してたほうが作るときにすんなり作れるとか
そういうのがわりと私にはよくあることなので。
できあがるまでしばらくお待ちくださいませ。



シツモンドコロに来ていたコメントに回答いたします

Q 
( ゚д゚)十色劇団とはどういうものなのですか?(( ゚д゚)さん)


A  
十色劇団とはゲームに登場するキャラクタたちを演じる劇団です。
「Sample087」の花香、「○○で一人。」の素乃実はあくまでお話のキャラクタであり
本当は黄桜花子、栗原素子という名前の劇団員なのです。
あれはあくまで物語ということで
実際にスライムに溶かされた子や、
無人島で餓死した子はいないのです。よかった。

そして十色劇団は劇の度にお話が変わる劇団です。
これはプレイするたびにゲームの中の物語が変わるということですが、
そのお話を見る、プレイする人によって
触れる物語が違うというのが私の目指したいところであります。

「Sample087」、現在公開中の範囲ではバッドエンドに辿り着くと
お話があれで終りのように見えます。
しかしあれは「エンディングが一つしか実装されていない」だけで
花香が最後のドアを開く分岐に辿り着くことができます。
「To be continued」はエンディングには含んでおりません。

そうして見る人、プレイする人によって辿り着くエンディングが異なるゲームを
私は作って生きたいなぁと思っています。
それが十色劇団です。

そして、十色劇団の団員は全員もうできあがっているので、
その団員が服装を変えたりして別のゲームに登場していたりします。
メタ的に言うと、わざわざ新しいキャラメイクをしなくても
デザインを少し変えるだけでゲームの登場人物が作れるんです!
やったー!楽だー!

というわけで、それが十色劇団です。
プレイするたびに物語が変わる劇の演者さんたちです。
スタッフロールで「十色劇団」という文字が見えましたら
いままで見た登場人物が出ていないか探してみるのもいいかもしれません。

・・・「Sample087」が劇ならスライムはどうなのか?
あれは、劇団員の一人が使役する液状の生命体です。
はい。十色劇団の団員はまともな人は二人ほどです。
他は大金持ちだったり元殺し屋だったり魔界出身だったり不死身だったり未来人だったり設定盛りだくさんの団員さんです。
そんな劇団員の日常だけで物語が一つできる劇団、十色劇団が作る劇。
これからもみなさんに楽しんでいただければ、と思います。


拍手[0回]

PR

コメント

ご連絡先

メール
krightning0824☆gmail.com

Twitter
@siroinouto

おともだちリンク

おともだちのサイトへのリンクです

ぴょろ(◔⊖◔)りら
鳥類大好き、科上インコさんが日常のあれこれつぶやいてるブログです

くろいのうとにお金を挟む

アマゾンギフト券をしおり代わりにくろいのうとに挟むとあっという間に消え去る魔法が発生します

バナー


・・・募金といいますかアマゾンギフト券が送れるそうです
ゲーム開発資金やら同人誌製作資金に回ります。
受取人名前:
 くろいのうと
受取人のEメールアドレス:
 krightning0824@gmail.com
とご入力ください

送付方法がわからない場合はここ

くろいのうとの閲覧者

くろいちらし

NINJAPR